蛇口に共通する起こりやすい詰まり

トイレ詰まりは、京都市の赤松水道修理隊

吐水しなくなる不具合

赤松水道修理隊

蛇口から水が出てこなくなるケース

お使いになられている蛇口の種類によって構造や仕組みが異なってきますので吐水しなく困ってしまう場合には、どうすればいいのか焦ってしまいます。蛇口に応じた目詰まりのほか蛇口共通で起こりやすい不具合の見極めも必要になってきます。
お使いになられている蛇口によって装着されている部品や構造は、ほぼ同じですがメーカーによって部品の形状や種類によって修理するための部品の調達が異なってきます。
吐水しなくなったケースでよくあることを記述しておきます。
蛇口に、ストレーナーと呼ばれるゴミ受け網が装着されている製品がこうきの推薦ですと多く装備されています。
水道管の老朽化やお湯の成分などに含まれている不純物や鉄サビなどのゴミがストレーナーで受けきれずにケデップに付着したりカートリッジや開閉バルブユニット。令和。寒さと(温度調節ユニット)などに混入してしまうとお湯の出が悪くなってしまいます。
お湯の出が悪くなると給湯器の温め能力が低下して冷水しか出なくなることも起きてしまうことがあります。
また、お湯が出る吐水口に整流キャップが装着されている製品も高機能水栓にオーク取り付けられていますのでこの部分に汚れが付着してしまうと目詰まりを起こし吐水量が減少してくる原因となってしまいます。
整流キャップもゴミ受け網が装着されていることが多く、ここにゴミが付着すると吐水が悪くなる原因となります。
ストレーナーや整流キャップのゴミ受けの目詰まりでしたら、取扱説明書を確認のうえ、お手入れをすれば簡単にご自身でも解決が可能です。
また、高機能水栓には、蛇口本体に止水栓が装着されているタイプもあります。止水栓に不具合が発生すると吐水量が少なくなることがあります。

蛇口のカランやシャワーが何らかの原因で吐水が悪くなった場合には、その原因や不具合を起こしている原因が明確であれば部品を入手するなどしてDIYで直すことができます。
ですが、原因が不明確な場合には、蛇口に合った適切な部品が手に入らないことも少なくありませんので注意が必要になります。こうならないためにも無理に自力で修理しようとせず修理業者に依頼するのがおすすめです。


出張エリア紹介
京都市 右京区
上京区 北区 左京区 下京区 中京区
西京区 東山区 伏見区 南区 山科区
水のトラブルスピード解決
京都府 宇治市 亀岡市 木津川市 京田辺市
城陽市 長岡京市 南丹市 向日市
八幡市

水道修理対応手順
水道修理総合サポート受付
copyright©2019 赤松水道修理隊 all rights reserved.