ワイヤーブラシを使ってみる

トイレ詰まりは、京都市の赤松水道修理隊

排水の詰まりをワイヤーブラシで解消

赤松水道修理隊

ワイヤーブラシの使い方

ワイヤーブラシは他の詰まり解消方法と比較して、より物理的に汚れにアプローチすることができますので他の方法で解消ができなかった詰まりでも解消することの可能性があります。
しかし、金属製の固形物やナプキンなどの固形物。あるいは、プラスチック製の固形物などが原因の詰まりを解消する人についてはできませんので購入される際には注意してください。可能性としては低いのですがワイヤーのブラシ部分に固形物がひっかかり引き抜くことができるかもしれませんが無理に行うと排水管を傷めてしまう可能性がありますのでおすすめすることができません。

ワイヤーブラシの使用方法について
★ワイヤーブラシを使用する準備
ワイヤーブラシを使用する前に準備をする必要があります。排水口からワイヤーを挿入していくのですがその近くに邪魔な物は全て移動をさせて十分なスペースを確保する必要があります。ワイヤーブラシは排水口を露出させて使うことになりますので作業中に誤って排水口に物を落としてしまうとつまりを悪化させてしまうだけですので十分なスペースを確保してから作業をするようにしてください。また、回転させながら挿入していくので排水口周りの物が汚れてしまう可能性がある場合には、養生も必要となってきます。
そして、作業の邪魔になる部品を取り外す必要があります。シンクの縦方向からアプローチしていく場合には、排水口のフタ・ゴミ受け・ワントラップなど取り外せる物は全て取り外して排水口を露出させる必要があります。
床についている排水口からアプローチしていく場合には、床より上の排水管を分解して取り外す必要があります。排水管が分解できない場合には、シンクの排水口からワイヤーブラシを挿入するとよいでしょう。
★ワイヤーブラシを排水口から挿入する
準備が整ってからワイヤーブラシを排水口から挿入しましょう。
手の感触を確かめながら、排水管の奥にゆっくりと挿入していきます。詰まっている部分に到達すると抵抗がありますので抵抗を感じたら少し力を入れて汚れに差し込みながらブラシを回転させます。この作業を繰り返したらワイヤーブラシを引き抜き排水口から水を流して排水が流れていくか確認してみましょう。水がスムーズに流れたら取り外した部品などを元に戻して作業完了です。また、排水がスムーズに流れていかない場合には上記の作業を繰り返し行うことで次第に排水が流れていくことがほとんどす。
ワイヤーブラシを使う時は十分な強度を持った太さのワイヤーブラシを選択し挿入する必要が必須条件です。ふわふわなワイヤーブラシを使うと詰まっているものに負けてしまっていくら頑張っても詰まりが解消することがありません。

出張エリア紹介
京都市 右京区
上京区 北区 左京区 下京区 中京区
西京区 東山区 伏見区 南区 山科区
水のトラブルスピード解決
京都府 宇治市 亀岡市 木津川市 京田辺市
城陽市 長岡京市 南丹市 向日市
八幡市

水道修理対応手順
水道修理総合サポート受付
copyright©2019 赤松水道修理隊 all rights reserved.