時間とともに便器の水位が下がる

トイレ詰まりは、京都市の赤松水道修理隊

布系製品で多くある症状

赤松水道修理隊

便器の封水が時間とともに水位が下がる現象

トイレで排水していくのが遅くなってしまうなど調子がおかしいけれど、いったい何が起きているのかわからない!と言ったことが少なからずあると思います。原因がわからなく目の前にある状況から何が起きているのかを推察することとなってしまいますが、根本的な原因がわからない限り解決策もわからなく誤った対処方法をしてしまうケースも中にはあります。
布系アイテムが詰まっているときの特徴では、「便器が詰まって水位が上昇して時間の経過と共に少しずつ下がってくる」という軽ケースです。便器の水位が下がるのを見て、これでだいじょうぶだと思っていて安心する方も多いですが、残念ながらそういうわけでもない場合もあります。
再度、排水したら、また便器の水位が上がってしまうことも少なくありません。この現象については、いったん水位が下がる理由として布が持つ性質にあります。布は水の流れをせき止めますが素材そのものに防水性が備わっているわけではありませんので詰まった布地にも汚水が染み込み少しずつ排水管の奥へと流していきます。このような現象によって時間の経過と共に水位が下がる理由となっています。


出張エリア紹介
京都市 右京区
上京区 北区 左京区 下京区 中京区
西京区 東山区 伏見区 南区 山科区
水のトラブルスピード解決
京都府 宇治市 亀岡市 木津川市 京田辺市
城陽市 長岡京市 南丹市 向日市
八幡市

水道修理対応手順
水道修理総合サポート受付
copyright©2019 赤松水道修理隊 all rights reserved.