悪臭がする原因は?

京都市でトイレ詰まりや水道の水漏れを修理

トイレ内の臭いについて

赤松水道修理隊

トイレ内で悪臭がする原因について

暖かくなってくる時期からトイレに入るとどこからか悪臭がしてくるケースがあるのですがその原因について考えてみました。
ごく一般的なトイレでトイレに入ると臭うときの原因はどこにあるのでしょうか?
●排泄物が原因
便器で排泄物をすることは常識で疑う余地もないことですが、この排泄物が流れていないと臭いの原因となります。トイレで排便をした後は流していますが、排泄物が、便器の裏や排水溝などに付着したままになっていると悪臭の元になります。また、排泄物のガスが悪臭の原因となることもあります。
●アンモニア臭
尿に含まれているアンモニアも臭いの原因となります。尿は、すぐに臭うことがありませんが少し時間が経過すると雑菌が繁殖して尿が分解され、その過程でアンモニアが発生し臭いを発生させてしまう原因となります。また、男性の小便は、意外とあちらこちらに飛び散ってしまうので便器以外の床や壁にかかってしまってアンモニア臭がする原因となります。
●尿石が原因
小便をそのままにしておくとアンモニアだけでなく次第に硬化していき尿石になります。 尿石とは、尿に含まれているカルシウムが石化したもので雑菌の温床です。雑菌が増えると尿石が増大し臭いがひどくなる悪循環に陥ります。そして、尿石が排水管内などに付着してしまうと、なかなか取れないので排除することが大変で最悪の結果で排水管の交換をしないとを取り戻せないような非常事態になってしまうことがあります。。
●水回りのカビが原因
カビは、トイレの排水管だけでなくトイレタンク内や換気扇など目に付きにくいところにも発生する傾向があります。トイレ内で悪臭がする時に、どこが臭うのかわからないときは、目に付きにくいところに黒カビが発生し臭いの原因となっている場合もあります。また。
●水トラブルが原因
トイレで下水の臭いがする時は、封水の水が少なくなっていて下水管からの臭いを防ぐことができなく排水口から臭いが漂ってしまうようなことが発生するケースがあります。封水の水不足は、長時間水を使っていないと起こる現象ですが毛細管現象によって封水が異常を起こしてしまい極端に水位が下がって封水がない状態に陥ってしまうことがあります。
この毛細管現象ですが一般的には排水管内で何らかの詰まりが発生して水位の異常を起こすことでよく見受けられる症状となります。

トイレで悪臭がする場合には、原因を見極めるのが難しい状態でもありますが日頃からお手入れをしていることによって簡単に見分けることができますので暖かくなってくる時期から寒くなるまでは極力毎日掃除をすることで悪臭の予防をすることができます。

出張エリア紹介
京都市 右京区
上京区 北区 左京区 下京区 中京区
西京区 東山区 伏見区 南区 山科区
水のトラブルスピード解決
京都府 宇治市 亀岡市 木津川市 京田辺市
城陽市 長岡京市 南丹市 向日市
八幡市

料金

年中無休

水道修理対応手順

水道修理総合サポート受付
copyright©2019 赤松水道修理隊 all rights reserved.