地域を管轄する水道局から認可を受けた業者

京都市でトイレ詰まりや水道の水漏れを修理

敷地内は、二次側で指定工事店でなくても修理施工が可能

赤松水道修理隊

水道局指定工事店について

水道局指定業者とは、市指定給水装置工事事業者とい正式に言います。
地域を管轄する水道局から認可が下りているのであれば水道局指定工事店などの看板や広告を出していることがあります。各社のホームページでも自治体の水道局から認定を受けているといった内容の説明があったり、市指定給水装置工事事業者であることをアピールしたりする例もあります。
水道局指定業者には、給水装置工事主任技術者という国家資格の有資格者が在籍していることが必須条件となっていて、3年以上の実務経験などを経て取得する資格です。つまり、水まわりのトラブルの時に水道局指定業者を選ぶことは、全国で統一された一定基準を満たしている業者を選ぶという意味がありが全国規模の水道修理会社では、お客様が在籍している地域に在籍しているかはわかりません。また、資格を取得していない地域もあります。
水道配管の工事など途中で修理内容の難易度が高くなったとしても業者を変更することなく一貫して対応してもらうことができますが一般的な宅地であれば指定業者でなくても十分に対応可能で指定業者より技術が高い水道業者もあります。
所持しているから、すべて対処できると考えるのは無理があります。その理由が、手に負えなくなった場合は、外注で工事をいらして、あたかも自社で工事をすべてか施工したと言っもお客様にはわからないことです。口裏さえ合わせておけば、自社施工と言っている業者も少なくありません。
水道修理業者を選ぶときは複数の業者で見積もり比較をするとよいでしよう。水道修理業者は同一地域でも複数の業者が存在していますし指定業者だから修理料金が安くなるということでもありません。また、指定工事店だからと言って安心することは、絶対にやめたほうがいいでしょう。昨今の報道をご確認していただければご理解ができると思いますので、例として取り上げることは止めておきます。


水のトラブル参考資料(コラム2)
トイレが流れない時の手立て 洗面台の排水が詰まった

料金

年中無休

水道修理対応手順


水道修理総合サポート受付
蛇口の水漏れを川口市で水道修理
copyright©2019 赤松水道修理隊 all rights reserved.