そのままにしていても解決しない

トイレ詰まりは、京都市の赤松水道修理隊

固形物を排水してしまったら

赤松水道修理隊

固形物が流れてしまったら

固形物を排水してしまってどうしても取り出せなかった、諦めよう、という結果になっても仕方ありません。
しかし、落としたものの大きさによってはしばらくの間はトイレットペーパーが排泄物が流れるような状態になることがありますが、しばらくたってから不具合が出てくる可能性が少なくありません。
そしてその影響によって、排水管を傷める原因になってしまいます。
角張った形のもの、比較的大きいもの、硬い材質でできているものを落下させて流してしまった場合には、危険度がかなり高くなってしまいます。床と便器をつなぐ間のもう死んでフランジというものがあります。その上部にはパッキンが備え付けられていますが流れなくなった水がその部分から溢れ出してトイレの床に悪影響を及ぼすことが少なくありません。
次にどこまで流れて言ったかということを確認するためには以下の行動をすることで確認することができます。 便器が設置されている壁を隔てた屋外の一番近い排水枡の裏蓋を外して排水口を確認して水が溜まっていなければそこを注意深く排水と一緒にトイレットペーパーが流れてくるか確認して流れてくるのであれば早慶英語で集まってない車ということになります。
つまり、便器にたまっている水を通常通りの水位まで汲み出します。そしてトイレットペーパーを15 cm ぐらい丸めて便器の内側に入れて排水(大)をして確認をしてみれば、原因となっている箇所を特定することができます。
ですが、愛する人と流れを確認する人が必要になり最低でも2人以上で確認作業をするということになります。
またこの経路で詰まってない場合には次のトラップはどうなっているかということを確認を取って流れてくるか流れてこないをある程度、判別することが容易にできます。

心当たりのものを落としてしまったときや水トラブルでお困りの時は修理業者への依頼を検討することが大切です。個人では対処できない落とし物でもプロの業者なら適切な処置をしてくれます。


出張エリア紹介
京都市 右京区
上京区 北区 左京区 下京区 中京区
西京区 東山区 伏見区 南区 山科区
水のトラブルスピード解決
京都府 宇治市 亀岡市 木津川市 京田辺市
城陽市 長岡京市 南丹市 向日市
八幡市

水道修理対応手順
水道修理総合サポート受付
copyright©2019 赤松水道修理隊 all rights reserved.