詰まりを悪化させないために

京都市でトイレ詰まり修理

早めの対処が必要なこと

赤松水道修理隊

排水トラブルが発生した時にわ

日頃から排水口周りの掃除をしておけば事前に水トラブルが発生することが感じ取れる場合もありますが、突然の排水詰まりは、どうしても発生してしまうことが少なくありません。
例えば、キッチンや洗面台のシンクやお風呂場の排水口から排水が溢れてきたり逆流してくるなどの排水経路上のつまりが原因となり不具合が生じてしまう場合があります。
賃貸マンションや賃貸アパートにお住まいの場合には、個人に過失がない場合には、建物を管理する管理会社に連絡をして所有者に修理してもらうことで無償修理が可能ですが、お客様の過失により排水詰まりが発生した場合には、個人負担となってくることが大多数です。
また、戸建にお住まいの場合は、個人負担となってきますので少しでも排水の流れが悪くなった時には、早めの対処をすることで未然に解決できることがありますので早めの対処が大切なことになってきます。
汚れが原因となって詰まりが発生している場合、パイプユニッシュなどの洗浄剤を使って改善することができます。しかし、固形物や異物を間違って流してしまった時には、自力で排水詰まりを解消することが困難となります。間違ってもラバーカップを使って解消しようとすることは、逆効果となってしまうことが大多数ですから避けてください。当社としてラバーカップを使っての対処を推奨していません。

水のトラブル参考資料(コラム)
トイレが故障した時 修理担当スタッフの独り言

夏場と違い冬場の排水詰まりは、気温が下がっているので油汚れが硬化しやすく排水配管内で付着し硬化してしまっていると簡単には解決することができません。また、夏場でも排水口や排水管は、大変複雑な構造をしているのでパイプ洗浄剤やトイレットペーパーが詰まった簡単な排水つまりであったとしてもラバーカップを使って解消しないケースも多数見られます。
排水配管は、排水トラップを取り付けられていることがほとんどです。理由は、排水配管からの悪臭を逆流させないために取り付けられています。しかし、排水口から間違って固形物を落下させてしまうと排水トラップに引っかかり詰まりを起こし水の流れが悪くなったり異臭の原因となることがありますので注意が必要です。

自力で解決できないような排水詰まりは、専門業者に相談をして善後策を考えてみることも良いでしょう。手に負えないときには速やかに修理依頼することが望ましい。


固形物を排水 排水詰まりの原因について
無料相談
目詰まりで吐水しなくなる 清潔することで未然に防ぐ

ご依頼からの手順
コスト(料金)


総合サポート
copyright©2019 赤松水道修理隊 all rights reserved.