流し台の水が詰まった

トイレ詰まりは、京都市の赤松水道修理隊

シンクや流し台から水が流れていかない

赤松水道修理隊

台所の流し台やシンクの排水が詰まった

季節がかわるにつれて詰まりトラブルが増加していきます。1カ月前までは暑い暑いと言っていたのが既にに底冷えする季節へと移り変わってしまいました。
考えてみればもう年末です。どうして12月は毎年こんなに忙しいのでだろうか?当社スタッフたちも日々の激務で疲れがたまって昼夜の水道修理に努めていてやつれた感が半端ない顔を皆しています。その上この寒さで体を壊さないよう年を越したいと感じています。

流し台の水が流れない


さて、毎日寒い日が続きますが詰まりトラブルが多発しています。今回は、台所の排水詰まり修理のお電話が殺到です!
「冷えると詰まりやすい?」油分が硬化するので仕方ないのが現実で充分に関係があります。
排水管内に残っている油汚れや洗剤の残りは寒くなると固まりやすくなります。その汚れが固まりと化し管内を塞いでしまうと、画像のように流し台の水が流れなくなったり排水管から水が逆流し床に水が溢れ出したりします。
そうならないためにも、毎回洗い桶にたまった水一杯の残り湯を排水口のに勢いよく流してあげるのは「詰まり対策」としては大変有効的でオススメします。お湯の温度は「ぬるま湯」を流してあげるだけで硬化があります。
※ 熱湯を流すと排水管を壊しますので流さないでくださいね。
排水管内に蓄積した油や洗剤カスがお湯で柔らかくなり流れて使用直後の汚れが蓄積しない効果があります。

若者層が多いご家庭ですと食事も油物が多くなっているとお聞きすることが少なくありません。その為、排水管の詰まりの件数は飛躍的に伸びています。流し台やシンクの排水詰まりは高圧洗浄をせざるを得ないケースも多いため修理費用も加算でしまうことが多いと言えます。そうならないためにも日々の予防が大変大切となってきます。
たかだか洗い桶に残った残り湯を流すことで管内の汚れはずいぶんと綺麗に流れ落ちます。これからの年末年始は食事の支度とか使う機会が多くなったりご家族と一緒に食事をするご家庭は多くなります。そんな時に「詰まり」が勃発してしまって解決するのに時間がかかると憂鬱になってしまうのではないでしょうか!?
積んる前兆として下記に記載しておきます。
★流し終わった後にコポコポ音がする
★水が排水していかない
★悪臭の発生
こんな時は「排水の詰まり」が起こりかけている可能性がありますのでパイプ洗浄剤などを使用して完全に詰まり前に予防をすることがいいでしょう。


出張エリア紹介
京都市 右京区
上京区 北区 左京区 下京区 中京区
西京区 東山区 伏見区 南区 山科区
京都府 宇治市 亀岡市 木津川市 京田辺市
城陽市 長岡京市 向日市 八幡市

水道修理総合サポート受付

copyright©2019 赤松水道修理隊 all rights reserved.