「ま」からスタートする水と水道の専門用語を解説

京都市の水道修理でトイレ詰まり修理

水道プロ用語を理解するための知識拡充のスキーム

赤松水道修理隊

「ま」が頭文字となる用語一覧

マイナスイオン
マイナスイオンは、空気中や水中において、電荷が負のイオンを指します。これは、分子や原子が電子を1つ以上失って負の電荷を帯びることによって発生します。マイナスイオンは、自然界に豊富に存在し、多くの場面で健康や環境への利益があるとされています。

1.マイナスイオンの生成と特徴
a.生成方法
マイナスイオンは、大気中の酸素や窒素などの分子が太陽光や自然界の他の要因によって電子を取り込むことによって生成されます。また、滝や波などの自然の現象でも生成されることがあります。
b.特徴
・マイナスイオンは、電子を持っているため、周囲の空気や水と反応しやすく、その性質を変えることがあります。
・マイナスイオンは、空気中の微粒子や浮遊物質を吸着することで、空気の浄化や花粉、菌、ウイルス、塵などの除去に寄与するとされています。

2.マイナスイオンの利点と効果
a.空気浄化
マイナスイオンは、空中の微粒子や有害な物質を吸着・沈降させるため、空気を浄化する効果があるとされています。これにより、アレルギー症状の軽減や呼吸器系の健康促進が期待されます。
b.リラックス効果
マイナスイオンは、リラックス効果やストレス軽減効果があるとされており、自然環境で多く発生するため、森林浴などでその効果が感じられると言われています。
c.免疫力向上
研究によれば、マイナスイオンが免疫力を向上させる助けになる可能性があります。特に、体内の活性酸素の除去に寄与するとされています。

3.マイナスイオンと水道
マイナスイオンは、通常、空気中で生成されるものとして知られていますが、水中でも一部生成される可能性があります。水道においては、水の浄化や除菌に関連する技術や装置においてマイナスイオンが利用されることはあるものの、直接的な関係は限られています。

4.まとめ
マイナスイオンは、空気中や水中で生成される電子を持つ負の電荷を帯びたイオンです。その生成方法や特徴から、空気浄化やリラックス効果、免疫力向上など、人体や環境への利益が期待されています。水道とは直接的な関係は限られていますが、環境浄化や健康促進の観点からマイナスイオンの利用が検討されています。



膜処理
膜処理は、水道および廃水処理の分野で広く使用される技術の一つであり、様々な膜を用いて水や廃水中の物質を分離・濃縮するプロセスを指します。この技術は、水質の改善、再利用、および飲料水の製造など様々な目的で利用され、現代の水処理技術において重要な役割を果たしています。

1.膜処理の基本原理
膜処理は、選択透過性の異なる膜を利用して物質を分離する技術です。膜は微細な孔やポアを有し、これを通過する分子やイオンのサイズや特性によって選択的に分離が行われます。主な膜の種類としては、逆浸透膜、超遠心膜、ナノフィルター、ウルトラフィルター、マイクロフィルターなどがあります。

2.膜処理の主な適用分野と利点
a.飲料水および水再利用
膜処理は、汚染された水を浄化して飲料水にするための重要な技術です。また、廃水や下水を処理して再利用する際にも利用されます。
b.海水淡水化
逆浸透膜を使用した海水淡水化プロセスでは、海水から塩分を取り除いて飲料水を生産することが可能です。
c.産業用水処理
産業プロセスで使用する水の質を高めるため、膜処理が利用されます。特に微細な微粒子や有機物の除去に効果的です。
d.廃水処理
膜処理は、工業廃水や生活排水の浄化にも用いられ、環境への負荷を減らす役割を果たします。

3.膜処理の手順
a.フィード (原水)の供給
原水が膜モジュールに供給されます。
b.膜の選択的分離
原水中の異なる物質が膜を通過するか否かが選択的に制御され、分離が行われます。
c.処理水の収集
膜を通過した水、すなわち処理水が収集されます。
d.濃縮や再利用
必要に応じて、濃縮や再利用のための処理が行われます。

4.膜処理の利点
a.高い効率と選択性
膜処理は、特定のサイズや特性の物質を選択的に分離できるため、高い効率と選択性があります。
b.持続可能性と環境への配慮
膜処理は化学薬品を最小限に抑えることができ、再利用やリサイクルを推進するため、持続可能な水資源管理に適しています。
c.省エネルギー
一部の膜処理技術は、他の物理化学的な処理方法よりもエネルギー効率が高いため、省エネルギーとされています。

5.まとめ
膜処理は、選択透過性を持つ膜を利用して物質を分離する技術であり、水質の改善、再利用、飲料水の製造など様々な目的で利用されています。逆浸透膜、超遠心膜、ナノフィルター、ウルトラフィルター、マイクロフィルターなどさまざまな膜が利用され、飲料水の浄化や海水淡水化、産業用水処理、廃水処理など多岐にわたる適用分野があります。利点としては、高い効率と選択性、持続可能性、省エネルギーなどが挙げられます。


年中無休


水道修理総合サポート受付
copyright©2019 赤松水道修理隊 all rights reserved.