蜂の被害・ハチの巣を退治する平野区の業者

スズメバチの蜂の巣を平野区で駆除する業者

平野区

ハチ駆除の修理隊は、毎日の駆除作業で培った知識に基づき経験を積み重ねた施工スタッフが安全かつ確実にお客様の軒先などの営巣した蜂を駆除します。平野区で凶暴なハチの巣ができお悩みを解決しますので是非とも当社にご一報ください。最短即日で蜂の駆除に駆けつける事もできます。ご依頼頂きました当日にお伺いをしてお客様のご不安を解決致します。出張・お見積もりも無料。再営巣した場合の補償も付帯しておりますので、まずは気軽にお電話ください。

平野区で害虫の駆除対応!

オオスズメバチ
世界で1番凶暴な性格をしているのがこの蜂です。刺されると死に至る場合もあります。
アシナガバチ
大人しい性格ですが巣に近づくと攻撃してくることがあります。巣は軒下や庭に植えてある木など、人間の気がつかないようなところに作る場合が多いため気がつかないと刺されてしまう恐れもあります。
ミツバチ
大人しい性格ですが、巣に蜂ミツを蓄える習性があるため、撤去時にはミツの撤去に非常に手間取ります。

平野区で蜂の巣を駆除する業者
害虫・蜂の被害を解決すうr業者
施工基本料金について

飛んでいる蜂の駆除料金
蜂について
蜂は、「怖い昆虫」の代表格のような印象ですが蜜を作ってくれたり草木につく害虫などを食べてくれる益虫でもあります。蜂はむやみに人を襲ったりするわけではなく人が自分たちの巣に近づいたり触れたりすると巣を守ろうとして人を攻撃します。

蜂の生態
大型の蜂であるスズメバチ。日本に生息している蜂デ人を刺す代表的なものはキイロスズメバチ、コガタスズメバチ、オオスズメバチの3種です。種類によっても異なりますが体長は17~45ミリほど。オオスズメバチがスズメバチの中では世界最大種です。
体色は、キイロスズメバチは黒色に黄班があり、コガタスズメバチは黒褐色で腹部の各節に黄帯があり、オオスズメバチは橙色の頭と黒の胸部、黄橙色の腹部となっています。活動時期は5~11月ごろで、軒下や天井裏、樹木、換気口、壁の内部に巣を作ります。巣の形は、初期は徳利を逆さまにしたような形、成熟期はバレーボールのような形です。巣の利用は1年限りで、翌年は別の巣を作ります。一つの巣には1000匹ほどのスズメバチがいます。一般的に巣を作る時期である6~7月下旬は、直接巣に刺激を与えない限りは人を刺すことは少ないとされています。一方、9~10月にかけて巣は最も大きいサイズとなり、また、新たな女王バチを守ろうとスズメバチたちは極めて攻撃的となります。

スズメバチに刺されたらどうなるの?
蜂に刺されると体内に蜂毒に対する抗体ができ次に同じ種類の蜂に刺されたときには、人によっては、アレルギー反応を起こしアナフィラキシーと呼ばれるショック症状を起こしてしまいます。アナフィラキシーが発症すると呼吸困難や血圧低下などを起こします。最悪の場合、死に至る危険もあります。特に、アレルギー体質の人や蜂に一度でも刺されたことのある人は、十分注意する必要があります。