浪速区で蜂の被害を解決する業者

スズメバチの蜂の巣を浪速区で駆除する業者

浪速区

刺されるとアナフィラキシーショックを引き起こす危険性がある、スズメバチ・アシナガバチは、夏から巣作りが始まり秋に最も大きくなります。営巣する時期の蜂は、攻撃性も強くなり、ちょっとした刺激で人を襲うことも多くなります。攻撃性の高い蜂への刺激は集団で襲い掛かってくるなど大変危険ですので決して巣がある場所に近づいたり刺激を与えるようなことはしないでください。そんな、蜂のご不安解消と安全維持のために当社では、浪速区の現場に駆け付けて駆除致します。

浪速区で害虫の駆除対応!

オオスズメバチ
世界で1番凶暴な性格をしているのがこの蜂です。刺されると死に至る場合もあります。
アシナガバチ
大人しい性格ですが巣に近づくと攻撃してくることがあります。巣は軒下や庭に植えてある木など、人間の気がつかないようなところに作る場合が多いため気がつかないと刺されてしまう恐れもあります。
ミツバチ
大人しい性格ですが、巣に蜂ミツを蓄える習性があるため、撤去時にはミツの撤去に非常に手間取ります。

浪速区で蜂の巣を駆除する業者
害虫・蜂の被害を解決すうr業者
施工基本料金について

飛んでいる蜂の駆除料金
蜂からの攻撃を防ぐには?
蜂に刺されると強い痛みも感じますし赤く腫れますが、これは蜂が持つ蜂毒によって引き起こされます。蜂毒には、ヒスタミンやドーパミンなどのアミン類やプロテアーゼなどの酵素類などを含んでいますので、これらが激しい痛みや腫れ、アレルギーを引き起こす原因となります。とは言え、1匹の蜂が有している蜂毒は微量なので、刺されて強い痛みがあったとしても数日すると症状は改善していきます。ですが、蜂に刺された経験がある人が、再び刺されてしまった場合は事情が異なります。一度目は痛みだけだったのが、二度目になると短時間で意識を失ってしまったり、呼吸困難に陥ってしまうことがあります。これをアナフィラキシーシックと呼び、一度刺された経験によって体内で蜂毒に対する抗体が作られることが大きな要因です。このような被害をもたらす蜂としてよく知られているのは、非常に攻撃的で危険なスズメバチやアシナガバチ、ミツバチです。このうち、ミツバチは一度刺してしまうと針が抜けずにミツバチ自身も死んでしまうので、何度も攻撃できるスズメバチやアシナガバチの方がより危険性が高いと言えるでしょう。

蜂からの攻撃を防ぐには?
蜂による鉢刺されは、ちょうど真夏の頃にピークを迎えます。やはり、一番効果的な対策は、蜂が生息しやすい場所へ近づかないことです。しかし、野山へ入り作業をする機会の多い職種や養蜂家などは、蜂との遭遇を避けることができません。そのため、特に被害に遭いやすい黒い服や甘く強い匂いは出来るだけ避けるべきですし、肌の露出を最小限にして刺されにくい環境を作ることが必要となります。そして万が一、蜂を見かけた場合は逃げ回ったりせず、姿勢を低くしながら迅速にその場を立ち去るようにしましょう。