西淀川区で蜂・害虫の被害を解消する業者

スズメバチの蜂の巣を西淀川区で駆除する業者

西淀川区

アナフィラキシーショックを引き起こすリスクがある蜂の被害は、春から巣を作り始める時期から夏・秋に最も大きくなります。営巣していて巣をガードしている蜂は、攻撃性がもっとも強くなり刺激したり近寄ったりするだけで人を襲うことも多くあります。攻撃性の高い蜂への刺激はもっとも危険で刺される身の危険がありますので決して巣がある場所に近づいたり刺激を与えるようなことはしないでください。そんな、蜂のご不安解消と身の安全確保のために当社では、西淀川区の現場に駆け付けて駆除致します。

西淀川区で害虫の駆除対応!

オオスズメバチ
世界で1番凶暴な性格をしているのがこの蜂です。刺されると死に至る場合もあります。
アシナガバチ
大人しい性格ですが巣に近づくと攻撃してくることがあります。巣は軒下や庭に植えてある木など、人間の気がつかないようなところに作る場合が多いため気がつかないと刺されてしまう恐れもあります。
ミツバチ
大人しい性格ですが、巣に蜂ミツを蓄える習性があるため、撤去時にはミツの撤去に非常に手間取ります。

西淀川区で蜂の巣を駆除する業者
害虫・蜂の被害を解決すうr業者
施工基本料金について

飛んでいる蜂の駆除料金
西淀川区で蜂や害虫の殺菌消毒
蜂の巣の除去作業

蜂の見分け方
ミツバチは毛が全体に密生していることから見分けがつきやすい蜂といえます。最も間違えやすいのがスズメバチとアシナガバチです。どちらも細身で腰がくびれています。見分けるポイントは、後ろ足の長さと飛び方です。後ろ足が長く、ふらふらと飛んでいたらアシナガバチとみてよいでしょう。比較的直線的に飛んでいたらスズメバチとみることができます。

蜂の巣の見分け方
蜂の巣も見分けることができます。スズメバチの巣は、初期は徳利を逆さまにしたような形、成熟期はバレーボールのような形から判別可能です。アシナガバチの巣は、シャワーヘッドのような形状で、六角形の部屋がいくつも並んでいます。ミツバチの巣は、六角形の部屋が並び、平らで低く垂れ込めたような形状です。

蜂に刺されないために
★白っぽい色の衣服を着て、帽子をかぶる。衣服は長袖が良い。
★蜂がいそうなところで、ジュースを飲んだり果物を食べたりしない。
★香水やヘアートニックなどをあまりつけないようにする。
★蜂の巣があるところに近づかない。また巣をつついたり、石を投げたり、動かしたりなどの刺激をしない。
★近づいてきた蜂を手で払ったりしない。
★車や家の中に蜂が入ってきたら、窓や戸を開けて蜂が出て行くのを待つ。
★洗濯物に蜂が付着して、取り込んだときに人を刺すことがあるので、周囲に蜂の巣があったり飛んでいる姿をよく見る場合には、取り込むときに点検するなど注意する。

蜂に刺されたら、アナフィラキシーショック発症の可能性も有りますのでご注意下さい。