住之江区のハチの被害を解消

スズメバチの蜂の巣を住之江区で駆除する業者

住之江区

蜂の巣を自力排除する方法はありますが個人が排除できる大きさの蜂の巣というのは、作り始めたばかりの巣のみに限られ大型の蜂ですと危険を伴います。
そのまま放置して日数が経過し大きくなった営巣してしまっている蜂の巣は、個人の手に負えないのがほとんどで凶暴なハチですと集団で襲い掛かってきてしまいます。身を守るために防護服を購入するとなると数万円は見積もらないといけません。殺虫剤を使って駆除するというわけにもいきませんし追い払うだけでは、再び蜂が戻ってきてしまいます。殺虫剤ですべての蜂を駆除したつもりでも一時的にしかすぎませんし逆効果になることもあります。そんな蜂の退治に住之江区で退治させていただきます。

住之江区で害虫の駆除対応!

オオスズメバチ
世界で1番凶暴な性格をしているのがこの蜂です。刺されると死に至る場合もあります。
アシナガバチ
大人しい性格ですが巣に近づくと攻撃してくることがあります。巣は軒下や庭に植えてある木など、人間の気がつかないようなところに作る場合が多いため気がつかないと刺されてしまう恐れもあります。
ミツバチ
大人しい性格ですが、巣に蜂ミツを蓄える習性があるため、撤去時にはミツの撤去に非常に手間取ります。

住之江区で蜂の巣を駆除する業者
害虫・蜂の被害を解決すうr業者
施工基本料金について

飛んでいる蜂の駆除料金
巣に近づくと警告をする蜂
巣に人や動物などが必要以上に接近しようとすると蜂は警告活動をとります。巣の出入り口付近では常に見張り役が警戒にあたっていて、近づこうとすればすぐ飛び出してきます。そして、スズメバチの場合は羽音を立てながらまとわりつくように飛び回り、大あごをかみ合わせながらカチカチという音を立て威嚇行動を取ります。これは、「これ以上近づいたら攻撃する」という警告です。

蜂の巣を刺激してしまった時
巣や蜂自体へ刺激を与えた場合、刺される危険性が非常に増します。蜂にとって刺激を受けるというのは、巣を揺すられたり、石を投げつけられ壊されたりといった直接刺激を受ける場合だけではありません。巣に気付かずに何気なく庭木の手入れや茂みに分け入った場合にも蜂は刺激を受けたと感じ攻撃してくることもあります。蜂は刺激を受けると興奮状態となり巣の防衛反応が蜂に連鎖し一斉に攻撃を仕掛けてきます。このようになってしまうと、もはや逃げるしか方法はありません。なお、一度興奮状態となった蜂は巣へ近寄るものがいれば警告をせずに即、攻撃をしてきます。蜂のシーズンである8~9月に、庭木を手入れしたり茂みに分け入ったりする際は要注意。周囲に蜂の巣がないかをよく確認してから行ってください。