蜂の駆除業者

蜂の巣がある土地の所有者に許可を得てから駆除する

蜂の退治でお困りの際には蜂の駆除業者に依頼するのが最善策です。また、巣のある場所を見つけても他人の所有権がある場所で見つけたら、巣のある所有者に許可を得てからにしましょう。また、自力で駆除を行いたい場合、まずはそれが自分でも駆除できるものなのかどうかを判断する所から始めましょう。

駆除作業

万が一、蜂が近くにいてハチの巣や種類がわかったら自己所有でない場所になる場合には、蜂の巣がある敷地の所有者を確認しましょう。
勝手に他人の敷地内に侵入して駆除すると無断侵入で処罰されることがあるからです。こんな場合には、敷地の管理者に連絡すると良いでしょう。
それでもなにも対処しない場合には、他人に蜂が危害を与えた場合に土地の所有者に責任が生じるからです。
野生の蜂が勝手に作った巣に関して責任を負わなければいけないというのは、土地の管理責任の管理責任が問題視されてくるからで条令・日本国法で定められているからです。
仮に巣を放置したことで他人に刺してしまうと、管理責任を問われ訴訟問題に発展する場合もあります。
管理責任の所在の有無で嫌な思いをするよりか人に危害を与える巣を放置しておくのは大変危険ですから、そんな場合には、お住いの自治体などにご相談下さい。
蜂の巣を見つけた敷地が自己管理する敷地でなかった場合には、土地の管理者さんに連絡をいれてあげるのが最善策であります。


当社が駆除した実績のご紹介


ハチ駆除のアドバイス
蜂の見分け方 巣の対処方法
攻撃警告前のサイン ハチの豆知識
巣を作る場所 スズメバチの巣の見分け方

営巣しやすい場所

解決までのロードマップ