不適切な植栽管理が招くトイレ排水トラブルとその対策

京都市でトイレ詰まりや水道修理

水道業者選びの注意点

赤松水道修理隊

草や木の根でトイレ排水が詰まる要因

京田辺市でトイレの排水が草や木の根で詰まる要因は、以下のようなものが考えられます。
配管の老朽化
配管が古くなると、亀裂や破損が生じる可能性があります。その隙間から草や木の根が侵入し、排水を妨げる原因となります。
樹木の近接
トイレ周辺に植えられた木や生えている草が、配管に近接している場合、根が配管に侵入することがあります。特に長い間放置されていると、根が配管内に成長し、詰まりの原因になります。
土地の地盤変動
土地の地盤が変動することで、配管に圧力や歪みが生じる場合があります。これにより、配管が破損しやすくなり、草や木の根が侵入しやすくなります。
不適切な植栽管理
トイレ周辺の植栽が適切に管理されていない場合、根が配管に侵入しやすくなります。根を適切に管理することで、トイレの排水詰まりを防ぐことができます。

これらの要因によってトイレの排水が詰まる場合は、専門の水道業者や配管水道業者に相談することをおすすめします。彼らは適切な診断と修理を行い、問題を解決することができます。また、予防策として、定期的な点検やメンテナンスを行い、配管周辺の植栽管理にも注意を払うことが重要です。

担当者スタッフの提言

水回り修理高額請求の手口についてお話をしていきます。まず、実際にあった詰まり・水漏れなどの水廻り修理の高額請求手口をいくつかご紹介していきましょう。トイレやお風呂、台所などの水廻りトラブルが発生した場合には、どんな水道業者を探しをしているのでしょうか?
近年では、毎日のように水道修理をする業者の広告が記載されたチラシやマグネットがポスティングされていて冷蔵庫などに張り付けて、万一の時に連絡をするという高齢者が住む住居で多くいらしゃいます。他には、スマホなどを使ってインターンネット検索をして、上位に来た水道業者に連絡をしてみるという手法が多いでしょう。
どちらの方法も、ごく一般的な広告手法なのですが、それではなぜ社会問題になるほど高額請求被害が続出しているのでしょうか?これは、さまざまな業界で悪徳業者が利用する手口で多いのですが、要はすでに水道修理が必要不可欠になっている状況で連絡をするわけですから、「すぐに解決したい!」という消費者側の心理に付け込むという手口が多いのです。例えば、トイレ詰まりや水廻りの水漏れトラブルが起きてしまって困惑している状況であれば「すぐに行って修理します!」と電話で言われれば、とてもありがたいと思い事前見積りもなく、そのまま修理をしてもらうという流れです。そして、施工作業後に予想外の高額な請求をされてしまい困ってしまう事態に陥ってしまうことになります。
こんな時には、法律で定められている「特定商取引法」のクーリング・オフを活用するようにしてください。クーリング・オフについては、お住いになられている地域を管轄する「消費者相談センター」にご相談することで対処方法を教えてくれますのでご活用しましょう。
また、トイレ詰まりや水漏れトラブルで緊急時でも特定商取引法に準じた業者を手配することが望ましい。水道局指定業者となら大丈夫だとネットでも書かれていますが完全に間違いです。水道局は、明確に「水道局指定業者の施工料金について保証していない!」と公示していますのでお間違えがないようにしましょう。


水道修理対応手順


総合サポート
copyright©2019 赤松水道修理隊 all rights reserved.