不適切な使用方法がもたらす詰まりの可能性

京都市でトイレ詰まりや水道修理

詰まり抜きのための一般的な対策法

赤松水道修理隊

排水詰まりで困る原因

南丹市での排水詰まりで困る主な原因をいくつかご紹介します。
食べ物の残りやゴミ
台所や流し台からの食べ物の残りやゴミが排水パイプに詰まりを引き起こすことがあります。油脂や固形物がパイプ内に付着し、徐々に詰まりを形成します。
髪の毛や石鹸カス
風呂場や洗面所の排水口には髪の毛や石鹸カスが付着しやすく、これがパイプ内で絡み合って詰まりを引き起こすことがあります。
トイレの使用方法
適切でないものをトイレに流したり、大量のトイレットペーパーを使用することでトイレの詰まりが発生することがあります。
古い配管の劣化
古い建物では配管の劣化や老朽化が進み、内部で詰まりを引き起こす原因となることがあります。

これらの原因により排水詰まりが起きる場合は、以下のような対策を試してみることができます。
1:ラバーカップの使用: ラバーカップを使って排水口を押し込んだり引き上げたりすることで、圧力をかけて詰まりを解消することができます。
2:排水クリーナーの使用: 市販の排水クリーナーを使用することで、詰まりを溶かしたり除去したりすることができます。ただし、使用方法に従い安全に使用してください。
3:水道業者への依頼: 詰まりが頻繁に発生する場合や自力では解消できない場合は、専門の水道業者に修理を依頼することを検討してください。彼らは専門知識と適切な道具を使用して、詰まりの解消や修理を行うことができます。

重要な点は、詰まりが頻繁に起きる場合や大規模な修理が必要な場合は、物件のオーナーや管理会社に連絡し、修理の依頼や相談を行うことが重要です。また、修理作業や使用する薬剤には安全に注意し、指示に従って行ってください。

担当者スタッフの提言

ニュースで様々な悪質修理業者がいます。水道業界でも例外でなく高額請求されたといった被害も発生しています。「急なトイレつまり」・「夜の水漏れトラブル」など、お客側の水廻り設備に関する知識不足を逆手にして詐欺的手口で高額請求をするという手法です。具体的な被害内容については次のとおりお客様からの相談がありましたのでご紹介しておきます。
・ネット広告やマグネットやチラシなどがポスティング投函されていて「980円~」と考えられない料金を提示しておきながら、実際には「出張費が◯千円、部品代が〇千円、深夜割増が〇%で…」と提料金を大幅に上回る費用請求される。
・電話時の概算見積と現地調査後の見積に大きな差があったので断ろうとしたら「既に初期対応している!」などと喚かれ押し問答になる。
・トイレや台所のキッチンシンクなどが古く部品が無いので新品交換するしかないと提案される。
・関係ない部分の劣化を指摘されて交換を奨められる。

事例を書けば切がないですが概ね不必要な水道修理を行い修理費用を上積みするか夜間料金や部品代などの名目で料金追加をしていく方法で悪徳業者が攻めてきます。
知識不足とその後の報復行為を恐れて言われるがままに契約してしまう方もいますが少しでも「ちょっとおかしくない?」と感じたら事前見積もりの段階で施工拒否を業者側に伝えましょう。また、高額請求されてしまった後でしたら、特定商取引法で定められるクーリング・オフで対処するようにしてください。対処方法については、消費者相談センターにご相談すれば対処策のアドバイスをしてくれます。


水道修理対応手順


総合サポート
copyright©2019 赤松水道修理隊 all rights reserved.