物件オーナーへの連絡と詰まりの対策

京都市でトイレ詰まりや水道修理

古い建物での配管の劣化と老朽化に注意

赤松水道修理隊

マンションやアパートで起きる詰まりの原因

上京区のマンションやアパートで起きるトイレの詰まりの原因としては、以下のようなものが考えられます。
トイレットペーパーの不適切な使用
大量のトイレットペーパーを一度に流したり、厚みのあるトイレットペーパーを使用したりすることが詰まりの原因になります。適量のトイレットペーパーを使用し、適度に流してください。
ゴミや異物の流入
トイレにゴミや異物が誤って流れ込むと、排水管やトイレの詰まりを引き起こすことがあります。例えば、ティッシュペーパーや生理用品、おしっこ以外のものを流さないように注意しましょう。
配管の劣化や老朽化
古いマンションやアパートでは、配管の劣化や老朽化が詰まりの原因になることがあります。劣化したパイプは内部で詰まりやすくなりますので、定期的な点検やメンテナンスが必要です。
住民のマナー問
一部の住民がマナーを守らず、トイレに適切でない物を流すことが詰まりの原因になることがあります。他の住民にも配慮し、トイレの使用方法についての周知や啓発活動を行うことが重要です。
排水設備の設計不良
建物自体の排水設備が不適切に設計されている場合、詰まりが頻繁に起きることがあります。設計や施工時の不備が原因となっている可能性があるため、管理会社やオーナーに報告し、適切な対策を取るように依頼しましょう。

詰まりが頻繁に起きる場合は、まずはトイレットペーパーや異物の適切な使用を徹底し、マナーの啓発活動を行ってみてください。それでも改善されない場合は、物件のオーナーや管理会社に連絡し、点検や修理の依頼を行う必要があります。

担当者スタッフの提言

アポイントも取らずに飛び込み営業をしていたり、ネットで「基本料金数百円~」といった考えられないくらいの過大表記で格安さをウリにする水道業者がいますので注意が必要です。
例えば、
●見積りだけでも出させてください。
●今ならキャンペーン実施中で安いです。
と勧誘をする水道業者がいるかもしれませんが、こういった水道業者は運営会社の情報が不透明であることがほとんどで高額請求した後に連絡が取れなると言った被害があります。上記に該当する業者に修理依頼をしないことです。
しかし、詰まり・水漏れなど、緊急を要する水トラブルが発生しているときには、困惑してしまっているごとでしょう。水道修理を依頼する時には、「特定商取引法」を順守している業者で修理施工依頼するかの判断する前提にすることでトラブル回避することができますので覚えておきましょう。


水道修理対応手順


総合サポート
copyright©2019 赤松水道修理隊 all rights reserved.