トイレットペーパーの適切な使用量と詰まり防止

京都市でトイレ詰まりや水道修理

配管の定期的な点検とメンテナンスの必要性

赤松水道修理隊

マンションで排水詰まりが起きる要因

左京区のマンションで排水詰まりが起きる主な要因は以下の通りです。
トイレットペーパーの適切な使用
大量のトイレットペーパーを一度に流すと詰まりの原因となります。トイレットペーパーは適量を使用し、適度な時間をかけて流すようにしましょう。
食物の残りやゴミの流入
キッチンシンクや流し台から食物の残りやゴミが流れ込むと、排水詰まりの原因になります。食事の後は食器をしっかりと洗い、食物の残りやゴミをゴミ箱に捨てるようにしましょう。
髪の毛や石鹸カスの蓄積
浴室や洗面台の排水口に髪の毛や石鹸カスが溜まると、排水詰まりの原因となります。定期的な掃除やヘアキャッチャーの使用を行い、髪の毛や石鹸カスの蓄積を防ぎましょう。
配管の劣化や老朽化
古いマンションでは、配管の劣化や老朽化が詰まりの原因となることがあります。古い配管は内部で詰まりやすくなるため、定期的な点検やメンテナンスが必要です。
住民のマナー問題
一部の住民がマナーを守らず、適切でない物を流すことが詰まりの原因となることがあります。住民同士での啓発や注意喚起を行い、適切な排水マナーを徹底しましょう。

詰まりが発生した場合は、まずは排水口を清掃し、詰まりを解消する方法を試してみてください。それでも解消しない場合や頻繁に詰まりが起きる場合は、管理会社やオーナーに報告し、専門の業者に修理や点検を依頼する必要があります。

高額請求の被害にあわないために

なぜこれほど高額請求の被害にあう人が、後を絶たないのでしょうか?理由が3つあります。
1.トイレつまりは冷静さを欠きやすい
新聞やテレビニュースで報道されている通り高額被害にあわれてしまう方が多くいます。例えば、生理現象であるトイレを使ったり、台所・洗面所・お風呂などの水やお湯を使うために蛇口は日常的になくてはならない必須品です。仮にトイレが詰まり使えなくなってしまうとなると誰でも冷静さを喪失してしまいます。
「急いで直さないと困る」という心理から冷静な判断ができなくなることが多くあります。
2.急を要するので高額であってもたのんでしまう。
例えば小さな子供や認知症を発症している方がいたり高齢者と同居していると特にトイレが使えなくなるということがかなり死活問題となってしまいます。夜となればなおさらです。トイレ詰まりが起こると朝までには直さなくてはいけないなど急ぐ気持ちが心理的に圧迫してそのため高額請求されても仕方ないとあきらめて修理手配してしまうことが多いのです。
3.事前に見積を依頼していない
最も重要なのことが修理作業に入る前に見積を取っていないという事です。本来であれば料金について比較検討したいところですが早く解決したいと思う一心で無暗になすがままでなくい意思表示も大切な行動となります。

上記の通り、水道修理の施工作業に入る前に事前見積を作成してもらい納得できたら依頼して作業を始めてもらいましょう。また、水道業者を手配するときには、「特定商取引法」に準じた運営をしているかも大切な判断材料となります。

水道修理対応手順


総合サポート
copyright©2019 赤松水道修理隊 all rights reserved.