業者依頼する際のポイントと点検の必要性

京都市でトイレ詰まりや水道修理

老朽化や劣化が引き起こす詰まり

赤松水道修理隊

排水詰まりによる流れを妨げる原因で多い事象

西京区で排水詰まりによる流れを妨げる原因としては、以下のような事象が多いです。
食物残渣や油脂の不適切な処理
台所の排水口に食物残渣や油脂を流し込むことがあります。これらの物質が排水管内で固まり、詰まりを引き起こす可能性があります。
ヘアカッターや綿棒などの適切な処理
浴室や洗面所でヘアカッターや綿棒、コットンなどの異物を排水口に流すことがあります。これらの異物が排水管内で絡み合い、詰まりの原因となります。
下水道の逆流
下水道の逆流が発生すると、排水が上がってきてしまい、流れを妨げることがあります。これは下水道の問題や集中豪雨などの外部要因による場合があります。
配管の老朽化や劣化
古い建物では、配管の老朽化や劣化が進んでいる場合があります。配管の内部に汚れやカビがたまり、流れが悪くなることがあります。

これらの原因によって排水詰まりが発生した場合は、まずは手動での清掃や排水口のフィルターの清掃などを試してみてください。しかし、解決しない場合や繰り返し詰まりが起きる場合は、管理会社やオーナーに連絡し、専門の業者に修理や点検を依頼する必要があります。また、予防策としては、食物残渣や油脂の適切な処理、異物の排水口への流入防止、定期的な配管の点検や清掃などが重要です。

担当者スタッフの提言

集合住宅(マンション・アパート)に住まわれていて水漏れが起こったときの対処法としては、被害拡大させないためにも適切な対応が求められます。
水漏れの被害を抑えたいと思っても原因がわからなければ有効な対処ができませんので原因を調査することになります。
さまざまな理由で水漏れが起きるのですが不注意で蛇口を閉め忘れて水があふれているケースなどがありますし給排水管の老朽化や不具合で発生することもあります。まずは、どこか原因になっているからを自分で調査します。範囲が限られているので原因を特定できない時には水道業者に依頼をして調査をしてもらわなければなりません。
ですが、水道修理の依頼をする前に応急処置をする必要がありますので応急処置の手順を以下でご紹介しておきます。
●止水栓を閉栓する。または、元栓を閉じる。
●床などに漏れた水をタオルで拭き取る。
●漏れている箇所をタオルを当てて水漏れを抑える
止水栓を止めるのは個別の箇所の給水を止めるだけで済みますし他の箇所の水道が通常通り使用しても問題ありません。ただし、止水栓が設置されていなかったり締めても水漏れが収まらなかった時には元栓を閉栓するしか手立てがありません。また、賃貸住宅にお住いの場合には、建物を管理している管理会社に連絡をして対処してもらいましょう。直接、水道業者を手配した場合には、依頼主に支払い義務が生じますので注意が必要です。


水道修理対応手順


総合サポート
copyright©2019 赤松水道修理隊 all rights reserved.